共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

帝王切開の手術跡ケア情報一覧まとめ!

帝王切開の手術跡のケア方法についての情報を一覧で紹介しています。

帝王切開の手術跡ケア情報一覧まとめ!一覧

帝王切開に限らず手術で手術跡が残る可能性がある場合には、医者によっては手術跡をテープで固定して傷跡を広がらないようにしてくれます。これは医者としての医療行為や義務ではないので、産婦人科医によっては実施している病院とそうではない病院があります。テープと言っても主に手術跡に広がりや傷残りを予防する為に貼るテープはシリコンテープと言い通常のテープよりも粘着が強く高額になります。シリコンテープを配布してく...

馬油にて帝王切開の傷跡を今後目立たなくさせるために毎日塗っているママさんがいますよね。実際に保湿性が高いので傷跡の治癒には効果がありますが、傷跡が今後残るかどうかの意味では効果の確実性は無いです。馬油(ばーゆ)でも、ワセリンでも保湿性が高いクリーム、ジェルなどは傷跡の治癒の回復に効果がありますが傷跡を消したり、薄くしたり、目立たなくさせる効果の確実性の根拠はないのです。レーザーなどと違いすぐに目に...

帝王切開後の手術跡に付ける薬というのは基本的には各病院の産婦人科医の判断になります。痛みどめは当然貰えますが、医者によるのは傷跡に付けるテープです。帝王切開の手術が終わり、医者から貰う薬は●痛み止め(すべての病院)●シリコンテープ等(傷跡を広がらせないように毎日貼るテープ)が通常の産婦人科医が帝王切開後のママさんに渡す薬(テープ含む)です。痛みどめは痛みを訴えればその後も継続して傷跡が痛まなくなる...

帝王切開でも他の手術でも手術跡は薬を塗るだけで、そのままの状態にする病院とテープを貼る病院があります。特に若い女性の手術や子供の手術の多くは手術跡にテープを貼ります。このテープを貼るのは面倒と思う人もいるようですが、手術跡を綺麗に目立たなくする為にも大切な作業です。手術をした後の傷跡は深い傷跡の場合は半年間は細胞が活発になります。その活発になっている時期は赤みが強く、次第に時間の経過で赤みが弱くな...

アルガンオイルとはモロッコの南西部にある砂漠にあるアルガンの木の実約30キロから1?しか取れない希少性が高いオイルです。アルガンの木の樹齢は200年と言われていて、雨が降っても枯れない力があり、その根源はアルガンの木が持つ貯水力なのです!そんな木の実から摂取したオイルは「ビタミンE」や「オレイン酸」や「リノール酸」、「ステロール」などの配合により、美容効果と健康効果に注目されています。さらにカロテ...

TOPへ