共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アルガンオイルは手術跡や傷跡の修正回復に効果があるのか!?


アルガンオイルとはモロッコの南西部にある砂漠にあるアルガンの木の実約30キロから1?しか取れない希少性が高いオイルです。
アルガンの木の樹齢は200年と言われていて、雨が降っても枯れない力があり、その根源はアルガンの木が持つ貯水力なのです!

 

 

 

そんな木の実から摂取したオイルは「ビタミンE」や「オレイン酸」や「リノール酸」、「ステロール」などの配合により、美容効果と健康効果に注目されています。
さらにカロテンは酸化防止、サポニンはオイル浸透をサポートする働きもあります。

 

 

 

 

このアルガンオイルの新しい効能と言われているのが傷の修復力や治癒能力と言われています。
昔からモロッコの人達は怪我をした場合にはこのアルガンオイルを患部に塗っていた為に傷跡が薄く目立たない人が多いと言われています。

 

 

アルガンオイルは通販で簡単に探す事が出来ます。以下参照。
大手通販内の「アルガンオイル」

 

 

 

 

 

 

 

確実に傷跡や手術跡が消える!or目立たなくなる!の根拠は無し!


最近では深い傷跡や手術の痕などが炎症している状態である時に使用を続ける事で薄く目立たない傷跡になりやすいとメディアでも伝えられています。
実際のところは、アルガンオイルを使った時と使わなかった時の比較もないので証明にもならず、医学的に傷跡回復や手術跡が目立たなくなる効果の確実性はありません。

 

 

 

 

帝王切開や盲腸などの手術跡部分にアルガンオイルや馬油を付けている女性も多いですが、実際の効果は分かりません。
噂で広がった傷跡回復オイルなのか?本当に傷跡が薄くなるのかは根拠は無しです。

馬油についても傷跡修正の効果は認められていません。馬油と手術跡については別途「馬油で帝王切開の傷跡をケア出来るのか!?」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

 

ただし、美容や健康に良い事は含まれている成分を見て分かるように証明されている事です。
アルガンオイルは傷跡修正に使うよりも、美容や健康目的での使用のほうがベターと言えますね!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 


トップ/帝王切開の傷跡対策
帝王切開の赤い傷跡
帝王切開の黒い傷跡
帝王切開の白い傷跡

スポンサードサーチ

TOPへ