共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

シリコンテープで帝王切開後の傷跡をケア出来る!


帝王切開に限らず手術で手術跡が残る可能性がある場合には、医者によっては手術跡をテープで固定して傷跡を広がらないようにしてくれます。
これは医者としての医療行為や義務ではないので、産婦人科医によっては実施している病院とそうではない病院があります。

 

 

テープと言っても主に手術跡に広がりや傷残りを予防する為に貼るテープはシリコンテープと言い通常のテープよりも粘着が強く高額になります。
シリコンテープを配布してくれる病院でも半月分くらいしか配布してくれないところも多いので、それ以後は個人的に購入する形になります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

このシリコンテープですが、実は通信販売でも購入することが出来ます。

 

 

傷跡に炎症が起きている時にも鎮静させるという事で有効ですし、傷跡を今後目立たせなくする為にも有効なものなので、帝王切開後の手術跡には必ず3ヶ月間くらいはシリコンテープを使ってケアをすると良いでしょう。

 

 

大手通販内「シリコンテープ」

 

 

シリコンテープを使ってケアをする事のメリット
  1. 赤い炎症状態が鎮静に向かうという事で有効
  2. 傷跡を広がらせない作用があるので今後目立たない傷跡にする事に有効

 

 

まずは手術を実施した産婦人科で貰える分は貰いましょう。
足りない分だけ購入するようにすると経済的ですね。

 

 

ちなみに手術跡が炎症状態(赤色)の最中にシリコンテープを貼る事を止めると、止めた途端傷跡が広がってきます。
赤色が消えるまでは貼り続けましょう(個人差がありますが3ヶ月くらいが目安)

 

 

 

 

 

※傷口が広がったら二度と元に戻りません。レーザー等で薄くするだけしか出来ませんので毎日の帝王切開ケアはなるべく怠らないように努力しましょう!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 


トップ/帝王切開の傷跡対策
帝王切開の赤い傷跡
帝王切開の黒い傷跡
帝王切開の白い傷跡

スポンサードサーチ

TOPへ