共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

帝王切開の傷跡の状態一覧まとめ!

帝王切開の傷跡の状態について紹介しています。

帝王切開の傷跡の状態一覧まとめ!一覧

帝王切開の手術をすると傷跡が残りますが、通常は数か月で赤みも痛み、痒みも薄く消えていきます。しかし、半年以上赤みが続く場合で、かつ膨らみがあり痛みや痒みも伴う事があるならそれはケロイド状態になっていると推測できます。ケロイドは通常言われているものは医学的にみると本当のケロイドと「肥厚性瘢痕」と呼ばれるものに分類されます。このケロイドと肥厚性瘢痕の区別は、長く持続して全く別な場所に赤い膨らみが移動す...

帝王切開に限らずに手術をした箇所の縫い合わせ箇所(傷口の部分)は固くなります。通常手術後半年くらいまでは赤みがあり、その後赤みがなくなっていくのです。これは自然な事で、瘢痕(はんこん)と呼ばれています。手術や切開などで皮下組織の深層に傷が付くと、出来るだけはやく皮膚を保護しようとする身体の働きがあります。この働きにより、新しい組織が形成されます。その新しい組織のその上に通常の皮膚が形成される為にそ...

帝王切開後の手術跡から膿が出てきてしまったという経験ありませんか?私は帝王切開の傷跡から膿が出てきてしまったので大変な思いをしました。手術後に膿が出る原因は3つ手術後の傷跡に膿が出る原因は通常大きく分けると3つあります。縫い糸が残っている糖尿病を患っている体質的なもの(原因不明)縫い糸が残っている場合私はこの縫い糸が残っていたケースです。手術後1ヶ月くらいで膿が出続けるのでおかしいと思い、病院に受...

TOPへ