共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケロイドが帝王切開の傷跡に発症する事がある!


帝王切開の手術をすると傷跡が残りますが、通常は数か月で赤みも痛み、痒みも薄く消えていきます。

 

 

 

しかし、半年以上赤みが続く場合で、かつ膨らみがあり痛みや痒みも伴う事があるならそれは
ケロイド状態になっていると推測できます。

 

 

 

ケロイドは通常言われているものは医学的にみると本当のケロイドと「肥厚性瘢痕」と呼ばれるものに分類されます。

 

このケロイドと肥厚性瘢痕の区別は、長く持続して全く別な場所に赤い膨らみが移動するならケロイド、一定期間で薄くなり消えていくなら肥厚性瘢痕と区別されます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

ケロイド跡や肥厚性瘢痕跡は消える(治せる)


ケロイドや肥厚性瘢痕が治ってもその跡が残るケースが多いです。
せっかく治っても傷跡を消さなければ美容とほど遠いですよね。

 

 

 

この場合は、病院ではなくて美容クリニックや美容外科がオススメです。
様々な跡がありますが、綺麗に目立たないようにしてくれる美容外科(美容クリニック)等が最近では誕生しています。

 

 

 

 

 

 

 

ケロイドや肥厚性瘢痕を根本的に治す事が大切!


ケロイドや肥厚性瘢痕になる人は、なりやすい性質を持っているのではと医学界では言われています(ケロイド体質と言う)
この持っている体質的なものを治さない限り、再度ケロイドや肥厚性瘢痕になる可能性もあります。

 

 

 

まずは、ケロイドや肥厚性瘢痕を完全に治してからそれらの傷跡を解消する方法が効率的でしょう。

 

 

 

ケロイドや肥厚性瘢痕を治療するには、皮膚科が相当ですが、最近ではケロイド外来などのケロイドを専門に扱う医者も増えてきています。
最新の医学で治したいならそれらの病院へ足を運ぶのがベストでしょう。

 

 

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 


トップ/帝王切開の傷跡対策
帝王切開の赤い傷跡
帝王切開の黒い傷跡
帝王切開の白い傷跡

スポンサードサーチ

TOPへ