共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

帝王切開の手術後の対策一覧まとめ!

帝王切開の手術後の対策方法について記載しています。

帝王切開の手術後の対策一覧まとめ!一覧

帝王切開をした跡で痛みの他に傷口部分がかゆくなる事があります。この痒みの原因は手術跡の傷跡部分が炎症が起きているからです。炎症は次第に弱くなり、赤みも薄くなり、和らいでくるのが通常です。痒みや痛みは体質により強く出る人、ほとんど出ない人など個人差が大きい部分になります。痒みがどうしても気になる、我慢出来ないという場合は、まずは冷やす事で炎症で温度が高くなっている部分を冷ましましょう。それでも効果が...

帝王切開後のケア方法は病院によって処置が異なります。帝王切開が終わり、手術の跡が出来るとその後産婦人科医によりますが、シリコンテープを毎日貼るようにと渡される場合と、痛みがある時の痛みどめ以外には何もない場合もあります。私が出産を経験した産婦人科では、必ずシリコンテープを1ヶ月分くらいママさんに渡しています。病院から貰える場合のシリコンテープですが、実は基本的にはこのテープさえあればもう帝王切開の...

帝王切開の跡が痒くなる以外にも痛みが続く場合があります。この場合は帝王切開の手術跡の痒みと同じで炎症している事が原因になります。対応策としては、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)の軟膏等、また注射等、シリコーンテープやシリコーンジェルシートを貼る事でも鎮静化することが可能になります。シリコンシートやシリコンテープなどは通販でも安く購入する事が出来ます。⇒シリコンテープの一覧<<炎症は次第に弱くなり...

帝王切開を始め、盲腸、各種病気で手術をした場合の手術跡はレーザー治療をする事で消したり、目立たなくする事が可能です。レーザーを使用する手術跡治療は形成外科よりは、美容を目的とする美容外科、美容クリニックがメインになります。特に手術跡にシリコンテープなどで傷の広がりや盛り上がり、状態悪化などを防ぐ事をしていなかった場合は手術跡が通常の人よりも目立つ事が多々あります。同じ手術でも人によって手術の痕が目...

TOPへ