共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チェック!帝王切開後のケア方法について!


帝王切開後のケア方法は病院によって処置が異なります。

 

 

帝王切開が終わり、手術の跡が出来るとその後産婦人科医によりますが、シリコンテープを毎日貼るようにと渡される場合と、痛みがある時の痛みどめ以外には何もない場合もあります。

 

 

 

私が出産を経験した産婦人科では、必ずシリコンテープを1ヶ月分くらいママさんに渡しています。
病院から貰える場合のシリコンテープですが、実は基本的にはこのテープさえあればもう帝王切開の産後ケアは要りません。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

チェック!帝王切開後のケア方法で大切な2点


産後ケア(帝王切開の手術後のケア)の場合に必要な事は

 

●手術跡の炎症を出来るだけ早く抑える
●手術跡が今後目立たないように傷口が広がるのを防ぐ

この2点が同時に出来るのがシリコンテープです。

 

 

 

シリコンテープには炎症を抑える(防ぐ)効果と、テープとしての役割である傷口を広がらないように予防してくれる効果があります。
シリコンテープを炎症が終わるまで貼り続ける事で、炎症を解消するだけでなくて今後傷跡が広がり目立ってしまうという事を予防する事が出来るんです。

 

 

 

※2週間分くらいは病院で貰えますがそれ以後は病院の売店で購入するか通販で購入することが出来ます。
シリコンテープ

 

 

シリコンテープが一般化するまでは、帝王切開のケアは馬油などの保湿性があるものと通常の医療用テープを両方使う病院が多くあります。

 

 

 

馬油等の炎症を抑える事が出来る保湿性が高いもので炎症を抑えたり防いだりして、同時に医療用テープにて傷口の広がりを防ぐという同時平行して帝王切開のケアを実施している病院もありますね!

 

また痛みが強い時は医者に話すと痛みどめを貰えますので痛みがあるときは退院前にその旨を医者に話しましょう

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 


トップ/帝王切開の傷跡対策
帝王切開の赤い傷跡
帝王切開の黒い傷跡
帝王切開の白い傷跡

スポンサードサーチ

TOPへ