共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

帝王切開の縦切りと横切りの傷跡について!傷跡が目立つのは縦切り!


帝王切開には種類があります。切り方で大きく分けると

  • 縦切りの帝王切開
  • 横切りの帝王切開

この縦切りと横切りの帝王切開についてなぜ切り方が違うのかというと、その帝王切開の手術が事前から予定したものなのか、当日に自然分娩が出来ないと判断になり緊急で手術するのかに左右される形になります。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

通常以前から赤ちゃんの様子をエコーで探りますが、その時に自然に分娩する事は難しいと医者が判断した時には予定として帝王切開になります。この場合は、ママさんのお腹の傷が残りずらい横切りを選ぶのが通常です。

 

 

 

逆に自然分娩を予定していていざ赤ちゃんを産む時に何らかの不具合があり自然分娩が難しいと判断された場合は、時間の迫りもあるのでやりやすい縦切りになります。
(医者によっては緊急でも横切りに配慮してくれる医者もいますが、赤ちゃんと母体が第一ですので、ケースバイケースでお医者さんの判断に委ねてください)

 

 

 

 

 

縦切り帝王切開は緊急帝王切開である!


医者が手術をしやすく赤ちゃんが取りやすのは縦切りになります。
縦切りは赤ちゃんが出やすいようにさらに傷口を広げる事が出来るので手術する側からするとやりやすい手術になります。

 

 

しかし、デメリットがあり、手術の跡が横切りよりも目立つという事が挙げられます。女性はいつまでもお腹も美しくいたいものですよね。

 

緊急帝王切開の手術のメリット&デメリット
メリット 手術がしやすい
デメリット 傷跡が目立つ

 

 

 

 

 

 

横切り帝王切開は予定(選択)帝王切開である!


横切り帝王切開のメリットは何といっても傷跡が目立たない事です。女性は誰でも綺麗な身体でいたいものです。予定として前々から帝王切開で赤ちゃんを出産すると決めているならこの横切がベストです。

 

 

 

しかし、横切りの帝王切開は傷口を広げるのが一定までの長さになるので縦切りと違って赤ちゃんを取り出しずらい場合はさらに切り口を広げるという行為が難しい為、医者によってはやりずらい手術になります(縦切りと比べるとやりずらい)

 

 

予定帝王切開の手術のメリット&デメリット
メリット 傷跡が目立たない
デメリット 手術が縦切に比べてやりずらい(横切りなので切り口の広さを一定までしか広げられない)
共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 


トップ/帝王切開の傷跡対策
帝王切開の赤い傷跡
帝王切開の黒い傷跡
帝王切開の白い傷跡

スポンサードサーチ

TOPへ